読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてしなきひらひら

尾ひれが沢山付いてるけれども、言いたいことは、多分シンプル。

歳食った

書く事が最早ない、とは言えないのが困難な状況を作り出したのは自分ではない。既に先行する例に憧れ模倣して書くだけなら、其れは未だ書く事があるのでマシである。嘘を吐くのは良くない事だが。

然し書く事がない、という事だけは言いたいというのが妙である。限界というべきか。恐らくはもう、書きたい事もないのであろう。

思わず口をついて出る言葉は書きたい言葉ではない。そんな欲望は特にない。但し、何か目の前に餌をぶら下げられたら、物欲しさに彼是言うかも知れない。

困った事には、書きたい事は自分から求めて訪ねて行かねばならないらしく、其の為に必要な資源がない場合、諦めるより仕方がないようである。

旅の支度を整える内に如何やら此の人生も終わりが見えそうである兆しが、此の頃顕著に感じられるようになった。最早此れまで、という感覚である。

然し、なおも余命はある。斯くなる上は、適当に何か形だけで見書けばいいのか。書くフリをするとでもいうべきか。そんな事に資源を費やすのは、はなから望まないが、かと言って他に何もないならば仕方なかろうか?